~引越し あるある 口コミ体験談~

引っ越しの失敗談、得したこと、損したこと、コツなど、引越し前に知らなきゃ損!な情報を提供します。

エアコン 引っ越し

引越しの豆知識

エアコンの引っ越し クーラーを取り付けた場合、引越しはどうするの?

引越しをするときに、引っ越し先のアパートやマンションなどに
エアコン(クーラー)がついているか否かは、とても重要な問題です。

家を新築した場合や、分譲で新しく購入した時は
家電量販店などで新しいエアコンを購入して
取り付けることが多いと思いますが、
賃貸の場合、ついていたりついていなかったり、
物件によってさまざまです。

そんなエアコンに関する対処方法を参考までに書いてみます。

★【エアコンが付いていなかった場合】

不動産会社または大家さんにエアコン取り付けについて確認を行います。

室外機との接続や排気、排水パイプなどを通す穴がなければ
エアコンの取り付けができない場合が多いので
穴が無い場合は、穴をあけて良いか必ず確認しましょう。

エアコンが付いていない上に、穴を開けられないとなると
エアコン設置が困難になるので、
最悪、引越し自体を考え直さないといけないかもしれません。
(このようなことは稀ですが)

穴が開いている、もしくは、穴を開けて良い場合、
自由にエアコンを選んで取り付けることができます。
取り付け工事は、購入した家電量販店に依頼するのが一般的です。

安くエアコンを取り付けたいという場合には、
ヤフオクやリサイクルショップで中古品を購入し、
エアコン取り付け専門業者に依頼することです。

私はリサイクルショップで比較的新しい年式の中古品を購入しました。
業者は、インターネットで探しましたが、
不動産会社などでも紹介してくれます。

取り付けたエアコンは、当然ながら自分のモノなので、
引越しで出ていくことになった場合には、
持ち出して、引っ越し先に取り付けることができます。

この場合、エアコンの取り外しと新居への取り付けは
引越し業者に依頼できますが、
別料金を請求されることが多いので、
作業と金額は確認しておきましょう。

引越し業者によっては、引越し作業員がエアコン作業ができず、
提携業者を連れてきたり、手配したりすることも多々あります。
それを考慮し、エアコンの取り付けは、同日の同時間にスタートしてくれるのか
作業時間はどのくらいなのか、など気になる事は事前に確認しましょう。

★【エアコンが付いてる場合】

まず、使用可能か否か確認しましょう。

電源が入るか?
リモコンは生きているか?
(電池の液漏れや錆びが出ていないか)

電気を契約するまでエアコンの動作が確認できない場合、
動かなかった時にはどうするのか?
修理費は誰が払うのか?
(大家さん?不動産屋さん?自分?)

エアコンが残置物だといわれた場合、
基本的に大家さんや不動産屋さんは
残置物に責任は持ちません。
(残置物は、前の居住者が残していったもの)

この場合、確認すべきことは、
取り外した残置物は自由に処分してよいかどうか?です。
そして、新しく取り付けたエアコンは自分のモノなので
引っ越した時には持ち出すということ。

次の引っ越し先にエアコンが付いていた場合
おいていくことも考えられますが
最悪、その時に中古で売りに出してしまえば問題になりません。
(取り外しの費用はかかりますが)

引越し先にエアコンが付いているか、付いていないか、
これは引越しで大きな問題ですが、
どちらにしても、不動産屋さんに確認しておくことが
ありますので、あるかないかだけでなく、
細かいところまで入居前にしっかり把握しておきたいものです。


-引越しの豆知識